朱雀の、啼く

文学と、政治と。

民主文学

民主文学6月号、東作品の雑感

「民主文学」6月号、東峰夫さんの「ダチョウは駄鳥⁉︎ー九段論法による神の存在証明」を読む。芥川賞作家・東氏の民主文学加入は沖縄各紙が報じ、ネットニュースでも流れました。確かYahoo!ニュースも取りげていた。乙部氏によるインタビューを読むと、若い…

民主文学3月号。田島インタビュー感想。 文学精神、という言葉で私が考えるのは、言語的コミュニケーションの主体としての精神という、第一の素朴な意味である。 聞き、話す主体である私。私の内部の、聴取する私と発話する私の主客分化。外的コミュニケーシ…

12.20

民主文学の非公開メーリングリストに投稿した報告。 "民主文学千葉支部定例会(12月)に参加しました。 乙部宗徳さんの「文学作品から見る『改憲』草案」の、評論家ご本人による解説と討論を行い、有意義でした。個人的には特に、沖縄と韓国の日本「本土」と…