朱雀の、啼く

文学と、政治と。

雑記

民主文学6月号、東作品の雑感

「民主文学」6月号、東峰夫さんの「ダチョウは駄鳥⁉︎ー九段論法による神の存在証明」を読む。芥川賞作家・東氏の民主文学加入は沖縄各紙が報じ、ネットニュースでも流れました。確かYahoo!ニュースも取りげていた。乙部氏によるインタビューを読むと、若い…

関心の羅列②

関心の羅列。 ・人間の生の目的性と国家の目的性・諸国家(諸権力)の目的活動の合力である世界史・市場経済の欠陥と計画経済の欠陥・計画経済の具体的方法論・世界神話の資本主義的形態とオルタナティブな世界・資本主義とナショナリズムの一致と対立・資本…

疑問関心のリストアップ作業

関心の羅列。 ・文学の機能失調と政治の機能失調が同期している・完全なる体系と欠如し発展する体系・人民と労働者の概念関係・普遍的心情と論理としての「民」・革命の歴史的形態とその変遷・歴史弁証法的なプロセスとしてのソ連崩壊・あるべき国際関係、国…

備忘録

・何かと忙しない時代である。日本は大きな転換期を迎えているし、志位委員長が言うように、自民党政治の総決算が迫られている状況であるだろう。国会の様子を見ると、既に国民からの支持を失った第三勢力が、気の抜けた馴れ合い政治を続けてはいるが、時代…