朱雀の、啼く

文学と、政治と。

今日は涼しくていい日です

 自転車屋さんへ赴いて、二年ばかり使用していなかった自転車のタイヤに空気を入れて、しばらく町中を疾走していました。風が柔らかくてとても気持ちがよかった。先日、図書館から借りてきた、谷川俊太郎の詩集をざっと眺めてみる。どうしてもわたしは、若い頃の詩人の作品の印象が強くて、最近のものがそれらに匹敵しうるようには思えない。シューベルト、好きだな。花というより、草の匂いがする。さて、今夜は夜勤か。夜勤前の落ち着いたこの時間が好きだ。木曜日。ようやくお盆の疲れも癒えて、秋はもうすぐ。