読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑 感 141030

秋が、生き急ぐ人の嘆息のように深まり、濃い色彩は柔らかな日差しを受けて、益々、安らぎのうちに、枯れゆく世界を瑞々しくする。頰を撫ぜる風の、溌溂とした冷温は既に、終焉のなかに芽吹きを守る季節が道の先に佇んでいることに、一種の覚悟を迫る、よそよそしい諫言のようである。

人は時を、時と共に歩む。

命の歴史の、多様なリフレインが共鳴するうちに、この2014もまた、絶息の瞬間に備えている。純白の引用句が、踏みしめる枯葉の音響を修飾する。

ディゾナンスとして呼吸する。