朱雀の、啼く

文学と、政治と。

疑問関心のリストアップ作業

関心の羅列。

・文学の機能失調と政治の機能失調が同期している
・完全なる体系と欠如し発展する体系
・人民と労働者の概念関係
・普遍的心情と論理としての「民」
・革命の歴史的形態とその変遷
・歴史弁証法的なプロセスとしてのソ連崩壊
・あるべき国際関係、国連に替わる世界連合組織
地政学的な日本民主連合政府の可能性とリスク
・論理学の本質性と歴史=実践
・世界史の概念
・組織防衛の具体的形態とその功罪
・資本制福祉国家共産主義福祉国家
・資本主義の可能性と限界
・平和の本質的理論的概念
・新しくより本質的な民主主義の概念
・実践の論理による回収不可能性
・労働の哲学的概念
・心情と信仰、思想と芸術表現、政治の一致性
インターナショナリズムの復興
・中国とベトナムの市場社会主義
共産主義ナショナリズムはいかにして可能か
・日本人の日本びいきとナショナリズムの在り方とその原因
共産主義と真理性
ヘーゲル思想全般
・政権掌握した共産党の経済政策
・諸党派の主張とその実体把握
・社会運動と議会政治
・権力論と意志論
・自由意志に必然的な目的はあるか
放射能汚染の分布と程度、今後見込まれる人間と社会、自然への影響
・思想の多様性と一元性
共産党の政権獲得への一般的なプラン
・自然災害や歴史的事件と政治
・民主主義と共産主義
・平和と共産主義
・世界史はどこへ向かうのか
・法則と自由意志
弁証法論理の最も基礎的なメカニズム
・政治力学
・可能な社会運動の種類とその限界
・アメリカは何を目指しどこまで可能か
・アメリカの権力の規模と質
・左翼ナショナリズムアナーキズム
労働組合運動の現状
ニヒリズムと現実認識
・党史の科学的客観的認識
・革命運動と争乱、暴力
・議会主義的革命の条件と性格
・差別と平等
・最大の差別としての自他の区別、主観と客観
・精神と物質、物質としての精神、精神としての物質
弁証法など原理を評価する基準
・支配の論理と労働の論理
・文学と歴史社会、文明
・文学と政治
・民主主義の現実形態と理想形態
・様々な時代のニヒリズムの形態
・アメリカ大統領であるとはどういうことか
・日本の総理であること、与党であるとは何か
政治責任、持続する戦争責任
・政治的意義、役割と市民運動