読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てであるものは、無に一番よく似ているから、全てを表現する象徴として、無、を用いる。こういう修辞的方法を、我々の一神教は用いているのではないのか。私が言いたかったのは、そんな単純素朴なことだ。