朱雀の、啼く

文学と、政治と。

現代詩

 わたしは現代詩を読むことが好きです。

 谷川俊太郎というと、現代詩の読者には敬遠する向きもあるけれど、つまらない衒いから来たる振る舞いに過ぎないだろうと思っています。谷川俊太郎の詩は確かに、戦前戦後の詩の流れからみれば逸脱しているようだが、それは彼の詩業の偉大さを示しているのであって、公正な評価とはいえないと思っている。

 一方で、晦渋といわれるような、たとえば石原吉郎の詩も読まずにはいられないが、晦渋だから読むのでは毛頭ない。

 荒地派の詩も好んで読みます。田村隆一よりも、鮎川信夫の詩が好きです。

 

 だが、現代詩手帖に掲載されているような昨今の詩風には、関心が向かない。

 それが聊か寂しい。