読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

20170519
f:id:Tadahito-W:20170520171945j:image

 

 

 


f:id:Tadahito-W:20170520172016j:image

共謀罪の委員会採決が強行された、5月19日の国会前。一万人の抗議者が集まった。

ポストモダニズムヘーゲル主義。反ヘーゲル主義はポストモダニズム通奏低音であった。ポストモダニズムとは一応は、フーコーデリダドゥルーズらの思想を重要なメルクマールとする戦後思想の一形態だと言って良い。その意味で興味深いのは、ポール・リクールの位置である。最近、フランス大統領に就任したマクロンは、聖書解釈におけるポストモダニズム的な功績のあるリクールの弟子であったらしい。まさにこの2010年代後半からは、新たな宗教問題が世界で噴出するのは間違いない。その意味で、マクロンの当選にはやはり、歴史的な意志が貫徹している。フランスもまた移民問題とテロという国内的難題を抱えている。

 

蓮實重彦には、「フーコードゥルーズデリダ」という薄い著作があるが、ポストモダニズムを主導したと言われる彼らは当然、そのような「イデオロギー」を否定し、自分たちはポストモダニストではない、そう明言した。だが、ジャーナリズムの分類概念と思想史的なイデオロギー概念とは区別されねばならないのと同じく、彼ら自身の自己意識や告白を、額面通りに受け取る必要はない。マルクス主義哲学者であった、ルイ・アルチュセールを始め、彼らにとって「イデオロギー批判」は大きな共通課題であったが、それ自体が一つのイデオロギーになり得る運命からは逃れられなかったのである。

 

熊谷俊人千葉市長のツイート、誰か周囲に諫める人間はいないのか。「日本は先の戦争を反省しました」従って民間のイベントでゼロ戦のエアレースを開催しても問題がない、と。だがこの時に、熊谷千葉市長が見ていない点は幾つもあり、それが誤った推論、判断として現れている。例えば。

 

 明らかに零戦は戦争目的で開発された。零戦大日本帝国とその戦争の賛美に用いる人々は、おそらく日本国内に何十万人単位でいる。日本即ち大日本帝国は、世界史的に恥辱ある犯罪行為、巨悪を行った事実は、無反省な日本人を除けば、世界における常識、通念である。にも関わらず、少なからぬ日本人が、この間の政策的なプロパガンダを頭から信じ込み、日本の戦争は正しかったと理解している。日本人の多くは既に、戦争の反省など忘れ、その歴史的事実自体を恣意的に修正する人々によって、また新たな戦争へと導かれようとしている。あるいは、我々は既に断崖から転落しながら、空の夢を見ているかも知れない。

それが、「戦争を反省した国」、日本の現在である。

 
キリスト教の名の元に、これまで何千万人も殺害されてると言い得るように、「日本」の名のもとに、太平洋戦争だけで2500万人の人間が殺害された。熊谷俊人のように、「反省しました」で済む話ではない。またそのように過去の罪から、表面的に自由になる事により、同じ罪を繰り返すのが人類である。彼は共産党の名前も理論も、スターリンや中国の誤りがあっても変えない(言うまでもなく、その認識が誤りだが)事実を例示するが、誤った形態が過ちを犯したからといって、正しい存在が名前や思想を変える必要は全くないのである。

 

・人間の名のもとに、これまで何億人も殺害されているだろうが、人間や社会という組織やその理論を否定したら、何も残らない。過つのも人間だが、過ちを正すのも人間である。