朱雀の、啼く

文学と、政治と。

随想

ダメージ

ダメージ

 

バービーボーイズ

【思想。

だが確かに、大切なのは自己自身と世界の相互関係であり既成の世界観や理念も自己の実践ー寧ろ自己という実践の方法という地位を忘れられるべきではない。】

大切=私はかつて日本で愛(αγάπη、希)が「御大切」と翻訳し伝えられた故事を想起させられる。大切である、という事象の価値には、何か自己の深奥にあるプリミティブな感情に触れる性格がある。

自己自身とは一つの永遠の循環。ヘーゲルからキェルケゴールに到る、私への思惟。私とは自由が精神として宿る最初の場である。自由は私という揺籃の中で声を発する。

相互ー関係。関係は非実体的な存在一般であり、だが、対象化される時には実体となる。弁証法的な矛盾対立を為すものが実体と関係であり、実体は関係であり、関係は実体である。

自己と実践。静止が対立しつつ運動であるように、自己は対立しつつ実践である。自己に関しては観照的な自己の概念が一般的であるが、観照ないし反省もまた、実践に他ならない。